お知らせ一覧

    ニチコン株式会社、系統連系型V2H(Vehicle to Home)システムを開発

     ニチコン株式会社は、CHAdeMO(V2H)・系統連系に対応したV2Hシステムを2機種(型番:VCG-663CN3・VCG-666CN7)を開発し、 2019年1月(予定)より市場導入します。

     詳しくは、以下のURLをご覧ください。

     http://www.nichicon.co.jp/new/pdfs/V2H.pdf

    “””

    2018.11.05
    トヨタ自動車(株)、トヨタ・モビリティ基金の2018年度の募集を開始

     一般財団法人トヨタ・モビリティ基金は、2017年に創設した「水素社会構築に向けた革新研究助成」プログラムの2018年度の募集を開始します。①水素製造、②水素貯蔵・運搬、③水素利用、④エネルギーシステム、⑤水素を活用した社会システム提案(新設)の5分野において、日本国内の大学、公的機関を対象に募集を実施します。

     詳しくは、下記URLをご覧ください。

     https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/24631230.html

    2018.11.05
    日産自動車(株)、「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産を開始

     日産自動車株式会社の中国における合弁会社、東風汽車有限公司(DFL)の乗用車部門である東風日産乗用車公司(東風日産)は8月27日、ニッサンブランドとして初めて中国市場に投入する電気自動車「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産を開始します。

     詳しくは、以下のURLをご覧ください。

     https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-ed7b0014763a42e1693c5c954e1b7e81

    “””

    2018.11.05
    三菱自動車工業(株)、PHEV『アウトランダーPHEV』を大幅改良

     三菱自動車は、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』のプラグインハイブリッドEVシステムを大幅に進化させ、よりEVらしさを増したSUVとして、8月23日(木)から販売を開始します。

     詳しくは、以下のURLをご覧ください。

     https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5232.html

    “””

    2018.11.05
    EVIグローバルEVパイロットシティプログラム(PCP)の参加

     国際エネルギー機関(IEA)の呼びかけにより、EV・PHV・FCVの普及促進に先導的に取り組む世界の自治体間の交流と協力を促すことを目的として、平成30年5月24日(木曜日)に「EVIグローバルEVパイロットシティプログラム(PCP)」がスタートしました。

     愛知県は、このPCPの取組に賛同し、初期メンバーとして参加することとし、PCPの最初の取組として、フィンランド共和国ヘルシンキ市で開催された「EVIパイロットシティフォーラム2018」において、本県のEV・PHV・FCVの普及促進とそのインフラの整備について事例発表をしました。

     詳しくは、下記URLをご覧ください。

     http://www.pref.aichi.jp/kankyo/ondanka/image/network.zip

     (>会議資料>180731調整会議>06_【資料5】EVIグローバルEVパイロットシティプログラムについて.pdf)

     http://www.pref.aichi.jp/soshiki/ondanka/300525pcp.html

    2018.08.15
    本田技研工業(株)、新型プラグインハイブリッド「CLARITY PHEV」を発売

     本田技研工業(株)は、「CLARITY(クラリティ)」シリーズにプラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV(クラリティ ピーエイチイーブイ)」を追加し、7月20日(金)に発売します。

     詳しくは、下記URLをご覧ください。

     https://www.honda.co.jp/news/2018/4180719-clarity-phev.html

    “””

    2018.08.15
    愛知県、平成30年度の「自動車エコ事業所」を募集します

     愛知県では、エコカーの導入や公共交通機関の利用促進などの取組を積極的に実践し、「安心・快適な暮らしを支え、環境と自動車利用が調和した社会」の実現に大きく貢献している事業所を「自動車エコ事業所」として認定しています。

     平成30年度は、7月2日(月)から9月28日(金)まで事業所の募集を行いますので、積極的にご応募ください。

     なお、認定した事業所には、認定証や表示版を交付するとともに、県のウェブページに掲載し、環境に配慮した事業所として広く紹介します。

     詳しくは、以下のURLをご覧ください。

     http://www.pref.aichi.jp/soshiki/ondanka/h30ecojigyousyo.html

    2018.08.15
    三菱自動車工業(株)、V2G実証事業を開始

     三菱自動車工業(株)始め7社は、経済産業省が一般社団法人環境共創イニシアチブを通じて公募する実証事業「平成30年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金(V2Gアグリゲーター事業)」に申請し、採択されました。多数の電気自動車の蓄電池機能を活用し、電気自動車と電力系統の間で双方向の電力需給調整を行うV2G(Vehicle to Grid)の構築とそれを通じたビジネスモデルの実現を目的とし、本実証を行います。

     詳しくは、下記URLをご覧ください。

     https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5212.html

    “””

    2018.08.15
    日産自動車(株)、三菱自動車工業(株)、V2G実証事業を開始

     日産自動車株式会社、三菱自動車工業株式会社始めの5社は、電気自動車(以下、EV)を電力需給の調整に活用するため、EVから電力系統へ電気を供給するV2G(Vehicle to Grid)技術の実証試験を開始します。

     詳しくは、下記URLをご覧ください。

     https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-75b19d3a1fdacef5055230314505d9c9

     https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5208.html

    “””

    2018.08.15
    トヨタ自動車(株)、燃料電池スタックと高圧水素タンク生産設備を拡充

     トヨタ自動車(株)は、燃料電池自動車(FCV)の普及に向け、2020年頃以降グローバルで年間3万台以上の販売を目指していますが、現状年間3″

    2018.08.15