EV・PHVのQ&A

EVとは何の略ですか?

「Electric Vehicle(英語)」の略で、電気自動車のことを指します。

 二酸化炭素の排出が少なく、大気環境への負荷の少ない次世代の自動車として注目されているエコカーです。

 また、化石燃料の消費抑制にもつながり、お財布にもやさしい自動車です。

 現在、各自動車メーカーから、続々と量産型の新型電気自動車が市場投入されており、その普及が加速しています。

EVの価格はなぜ高いのですか?

 価格が高くなる最大の要因は、高性能の電池を搭載しているからです。現在、市販されているEVは「リチウムイオン電池」を搭載していますが、電池コストだけで200万円以上(制御システム込み)になります。
 今後の技術革新や一層の量産体制により、価格が下がることが望まれています。

EVの充電コスト(電気代)はどのくらいですか?

 電気代は、電気事業者の料金設定や契約形態、充電する時間帯によって異なるため、一概には言えませんが、一般家庭における契約メニューで計算すると以下のとおりですので参考にしてください。(中部電力:Eライフプラン(3時間帯別電灯)にて計算)

EVの充電時間はどのくらいですか?

 充電時間は、充電する設備の種類(急速・普通)や電力量によって異なります。充電時間の一例は次のとおりですので参考にしてください。

PHVとは何の略ですか?

 「Plug-in Hybrid Vehicle(英語)」の略で、プラグインハイブリッドカーのことを指します。

 家庭用電源などから直接バッテリーに充電できるハイブリッド車です。

 従来のハイブリッド車よりも、モーター駆動での走行距離が長く、近距離は電気自動車として、長距離は燃費の良いハイブリッドカーとして走ることもできるため、電気自動車とハイブリッド車の長所を併せ持つとともに「電池切れ」を気にせず運転することができるクルマです。

 電気自動車として走行行可能な距離が伸びたことにより、二酸化炭素の排出量の削減、大気汚染防止など、環境負荷削減効果が期待されます。

 また、ガソリン消費量の抑制など経済的な効果も期待でき、太陽光発電による電気エネルギーを利用すれば、充電から走行までの二酸化炭素排出量を低減することも可能となります。

スピードや加速性は?

 スピードは電気走行で最高100~130km/hであり、高速道路も走行可能です。「あいちEV・PHV普及ネットワーク」で実施した試乗会でのアンケート結果でも、加速性能や静粛性、経済性に関して高い評価を得ています。
 まずは、自動車ディーラーなどで試乗され、EV・PHVの良さを実感されることをおすすめします。

家庭で充電用のコンセントを配線する際の注意点は?

 ご家庭で充電するコンセントについては、専用のコンセントを1分岐回路に1受口のコンセント1箇所(専用回路)としなければなりません。設置工事が必要な場合もあるため、電気工事会社に相談するか、購入した自動車ディーラーに問い合わせてください。

家庭のコンセントでも充電できますか?

 充電できます。
 EVやPHVの魅力はご家庭のコンセントで充電できることです。100Vか200Vの接地極(アース刃受)が付いているコンセントを使用し、簡単に充電することができます。
 ただし、アース刃受が付いていないコンセントは、万一の漏電の際に人体を感電から防ぐ機能が働かないため、EV等の充電には使用できません。
 また、充電の際には、15Aといった大きな電流が流れる場合があり、火災などの危険が伴う恐れがあるため、市販の延長ケーブルやドラム式のリールを使わず、専用の充電ケーブルを使用してください。

環境には良さそうですが・・・・

 最大の特徴は、電気走行時に二酸化炭素を排出しないことや静かなことです。
 ガソリン車と比べた場合、二酸化炭素の排出量は、EVで約1/3、PHVでも約4割にまで低減します。
 愛知県は、自動車の保有台数が全国第1位と多く、自動車への依存率も高いことからEV・PHVの普及拡大は、二酸化炭素の削減に大きな効果が期待できます。

走行中の充電切れが心配では?

1回の充電で、EVの航続距離は約90~130kmです(車種やエアコンの使用状況により異なります)。なお、PHVは最初に約20kmを電気で走行し、その後はハイブリッド自動車として走行します。
また、県内で一般利用できる充電設備の位置情報は公開されています。買い物や通勤などの日常利用では、ご家庭での充電で十分走行できるので、ライフスタイルにあわせて賢くEVドライブを楽しむことが可能です。

充電スタンドを探す